一生懸命な君たちが好き。

Sexy ZoneとJr界隈を茶の間からマイペースに応援しています。

ジャニオタブログ始めました。

 

 始めましたついに。

ずっと書きたかったブログ。

 

今まで色んな方の書いたブログを読むのが結構好きで、いつか私も始めよう始めようと思い続けて今日からやっと始めます。

 

ブログ書きたいと思っていても最初は何を書けばいいんだろうと色々迷っていたら、今週のお題というのを見つけました。

 

今週のお題「私の沼」

 

え、何これ私がこのブログで書いていきたいことじゃん!!ナイスタイミング!!

 

ということで、私の沼について書かせていただきます。

 

私の沼…もうそれは1つしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズ!!!!

 

 

 

 

 

そうです、私はジャニオタです。

ジャニーズって本当に本当に本当に沼なんですよね…。気づいたときにはもう遅くて、一生抜けられなくなっているんです。ジャニーズが好き!という方は世の中にたくさんいらっしゃると思いますが、ジャニーズの中にも色んなタイプのアイドルさんがいるんですよね。それと同じようにジャニオタさんにも色んなタイプの方がいるんです。私はその中の茶の間のDDジャニオタタイプです。

 

 

いや、茶の間DDジャニオタタイプって何だよ!!って感じですよね。私も自分で書いていてよく分かりません。今勝手に名付けました。簡単に説明すると、私はジャニオタになってからというものなかなか現場というのに行けませんでした。まあ、両親がジャニーズが大嫌いだったというのが1番の理由なんですけど。ジャニーズが好き!っていうのを家では話せなかったし、コンサート行きたい!なんて言った日には酷く説教された記憶が鮮明にあります。そんな事があって、現場に行きたいっていう感情は抑えよう抑えようという思考になり、茶の間オタクを極めに極めていったわけです。最初は周りのジャニオタ友達が現場に行き、そのときの話を聞く度に、私も行きたい!とか何で私は行けないの!とか思っていました。でも、慣れって怖いものですね。現場行けなくてもジャニオタを楽しめるようになってしまったんです。現場に行かなくてどう楽しんでいたのか??そんな特別なことはしていません。好きなジャニーズの出ているテレビを見たり、雑誌を見たり、ラジオをきいたり、曲をきいたり、多分ほとんどのジャニオタの方がしていることだと思います。それらを楽しみにジャニオタしてきました。高校生になったときにはTwitterを始めたので、現場があるとレポが楽しみに加わりました。まあこんな感じで茶の間オタクを楽しんできたわけです。それから、DDについては私は自担というのを1人に決められないジャニオタでした。私がジャニオタになったのは約10年前になるのですが、スクラップ・ティーチャーというドラマでB.I.Shadowに出会ったのがきっかけです。それから同じクラスのHey! Say! JUMPが好きな友達にザ少年倶楽部を見るように勧められました。そうです。私は少クラに出会ったのです。少クラを見始めた頃はもちろんB.I.Shadow目当てで見ていました。B.I.Shadowのパフォーマンスを見るのが本当に楽しみでした。しかし、しばらくするとふまけんというシンメが好き!となり、今に至ります。ここから分かるように私は1番最初にハマったのがふまけんというシンメでした。一般的に?大体?ジャニオタって1人の自担がいると思うのですが、私には1人この人!というよりは2人のシンメ!で応援していました。大好きでした。過去形にしてしまったけれど、今でもふまけんは大好きです。しかし、私は少クラに出会って世界が変わりました。世界変わったって言い過ぎなのかも知れませんが、私がジャニーズというとんでもない沼にハマってしまったのは間違いなく少クラのおかげです。少クラを見始めてからというもの、やはりジャニーズJrという存在のすごさに気づいたのです。デビュー組の先輩方のバックで一生懸命踊っているジャニーズJrはもちろん、ジャニーズJrのバックで一生懸命踊っているジャニーズJrのガムシャラさやキラキラしている目に惹かれていきました。ジャニーズJrというとデビュー組のバックについているイメージが強いと思うのですが(私も少クラに出会うまではそのイメージがとても強かったです。)、ジャニーズJrのバックにつくジャニーズJrもいるのです。これには結構驚きました。しかも、ジャニーズJrって自分より年上の人から年下の人まで数え切れないくらいたくさんいます。それから、ジャニーズJrはデビュー組と違って将来が安定しているわけではありません。そのため、辞めてしまうJrもいます。今までにJrが辞めていくのは何度もあったし、辞めます!と言って辞めるわけではないので、いきなりいつもの場所からいなくなるのです。自分が応援しているしていないに関わらず、やっぱりいつも見ていたJrがいなくなるのはとても悲しいし、寂しいです。そのことを知ったとき、私は1つ思いました。「みんな頑張れ!!」と。確かにこのJrの顔が好き!とか性格はこのJrが好き!とか歌ってる姿ならこのJrが好き!とか色々あるんですけど、結局みんな違ってみんないい!ってなったんですよ。みんな頑張っていることに変わりはないし、私はその一生懸命さが好きです。そんなこんなで、少クラでたくさんのジャニーズJrを見れば見るほど自担というのが分からなくなって気づいたらDDになっていました。そう考えると私は茶の間DDジャニオタタイプなのかなと思います。

 

はじめの方に書いたようにジャニオタさんは色んなタイプがいると思います。私のジャニオタのお友達の中には、現場が命!ってくらい常に現場がないと無理!って子もいます。自担に一途で現場に行ってもその子しか見てない!って子もいます。自担が本気で好き!って子もいます。自担のためならいくらでも貢げる!って子もいます。同担が無理!って子もいます。好きなグループを掛け持ちしてる子もいます。現場には行くけど、テレビとか雑誌とかは見ないって子もいます。私の周りだけでたくさんのタイプがいます。私の周りにはこんなタイプのジャニオタさんもいるよ!っていうのがあったらぜひ教えてください。ジャニオタさんのタイプをきくの、結構好きです。私は茶の間DDタイプと書きましたが、以前、1番タチが悪いジャニオタと言われたことがあります。現場行かなくてDDって本当にジャニオタかよ!って言われたこともあります。人の考え方はそれぞれなので言われたことに対してどうこう言うことはないんですけど、ちょっと悩みました。私は本当にジャニオタなのかな?と。悩んだといってもちょっとなので、ちょっと悩んだ結果、まあこんなタイプのジャニオタがいてもいいかなって結論に至りました(本当に悩んだのかよ)。まあ、私の中でジャニーズって確かに沼で、なくては生きていけないってくらい大切な存在だけど、ジャニーズ中心に考えすぎるのもあまりよくないかなと思っていて。だから、私の超マイペースな性格的にも今のままの感じで、たまーーーーに現場行って、色んなタイプのジャニーズのみーんなを応援していくジャニオタを続けるのが1番いいかなって思って、私は今日も茶の間DDジャニオタとして過ごしています。

 

 

 

ここまで色々書いてきましたが、最後に。

私はジャニーズが大好きです。

本当にジャニーズが大好きです。

ジャニーズに出会えて本当によかったです。

特に同年代のジャニーズを見ていると、すごいなと思うし、私も頑張らなきゃ!って気持ちにさせてくれます。

 きついなってときとか、嫌なことがあったとき、とりあえずジャニーズ見て元気を出します。

私はジャニーズという沼にハマることができて本当に幸せです。

ジャニーズの皆さんありがとうございます。

 

 

今日も明日も明後日もこれからも、私はジャニーズという沼にハマっているジャニオタです。